交通事故外傷 腰痛について

追突や横からの交通事故では腰の捻挫や打撲が起きます。

むち打ちに次いで、当院では訴えの多い部位のが腰。
不意に衝撃を受けるので、無防備な状態でのおケガになります。

 

交通事故の腰痛

腰痛

捻った「腰部捻挫」や、ぶつけた「腰部打撲」という病名がつきます。

腰部捻挫

レントゲンに異常がないケースがほとんどですが、腰や周りの筋肉や靭帯を痛める。

腰部打撲

前後に体が振られた時にシートなどでぶつけて、腰から背中にかけて痛める。

 

腰痛の主な症状

  • 安静時痛:動かなくても痛い
  • 運動痛:動かすと痛い
  • 足のシビレ
  • 熱感
  • 倦怠感

が主な症状になります。

 

患者様への注意点

事故の直後〜3日ほどは、今までの腰との違いを注意深く感じてください
少しでも違和感を感じるようでしたら、すぐに医療機関にて診察を受けましょう。

腰痛の主な治療内容

  • マッサージ(指圧中心)
  • 鍼灸治療
  • 電気治療器(中周波)
  • 牽引治療器(腰)
  • 必要に応じて、温熱・冷罨を施します。

段階により最適な治療法を変更していきます。

>>> 治療内容

腰は要という字が使われる重要な部分。
症状が出たときには、しっかりと治療をされることをお勧めします。

院長 小澤
お困りのことや不安を感じましたら当院に遠慮なくご相談ください。(相談無料)

おすすめ記事

no image 1

今、事故現場で困っているあなたは、こちらをすぐにご覧ください。 事故の現場にいる時の注意点 事故直後でこのようなお悩みがありませんか? 体に痛みがある しっかりと直したい 物損といわれたが、体が痛い ...

2

こんなお声をいただきました。 いま受けている治療が合わないと感じている 仕事や学校の都合で通いにくい 症状が改善しなくて心配になってきた きちんと説明をされなくて不安だ 電気治療や牽引で、痛みがあまり ...

投稿日:2018年3月5日 更新日:

Copyright© 交通事故治療専門の中央鍼灸接骨院 , 2018 All Rights Reserved.