事故の現場にいる時の注意点

交通事故の現場で注意すること

事故直後で、混乱をされているかもしれません。
そんなあなたは、以下の内容を参照してください。

被害者・加害者どちらも、交通事故の直後にすべきことは以下の4つです

1. 安全の確保

まず関わっている人の安全を確保しましょう。
怪我をしている人がいたら、まず救急車をお呼びください。

2. 警察へ連絡

交通事故が軽微なものでも後で揉めないように必ず警察に連絡をしてください。
落ち着いて、警察官の指示に従ってください。

3. お互いの連絡先の交換

連絡がつかないと困ったことがおきます。必ず双方で連絡先の交換をしましょう。

4. 保険会社へ連絡

保険会社へ連絡をして、指示を仰ぎましょう。
事故直後は、冷静な判断ができないことがあります。どうすべきか聞いてください。

注意! 過失割合など口頭や書面で約束をしない!

どっちがどれだけ悪いかは、その場で決まるものではありません。
いくら加害者側で、お詫びはしても

「すべてこちらが悪いです」
「全部みさせていただきます」

など軽はずみな言葉は、やめましょう
まして、書面に残すことは絶対に避けるべきです。

現場検証のあと、保険会社同士や保険会社と被害者さんとの間で、後日過失割合の相談があります。

 

交通事故の2つの損害

大きく分けて2つの損害が発生します。

  1. 物損(車や所持品などの物)
  2. 人身(身体のおケガなど)

物損

車や自転車、他にも持っていた物などが保証対象になります。
修理や弁済がされます。

人身

問題はお身体です。少しでも不安があれば、必ず医療機関で検査を受けましょう。

交通事故直後や翌日は、慣れないことで極度の緊張状態にあり
痛みを感じにくい場合があります。

「体をぶつけた、ひねった」
などがあれば、医療機関に行くことをお勧めします。

3日~1週間以内に痛みを実感されるケースも少なくありません。
当初1週間ほどは、注意深くお身体の状態を感じてください。

後になればなるほど、保険会社に認められないケースがあります。(交通事故との因果関係が認められにくい)

交通事故直後に1度診察を受けていれば、その後痛みが出ても、治療を受けやすいです。

もちろん痛みがでなければ、無理に治療を受ける必要はありません。

おすすめ記事

no image 1

今、事故現場で困っているあなたは、こちらをすぐにご覧ください。 事故の現場にいる時の注意点 事故直後でこのようなお悩みがありませんか? 体に痛みがある しっかりと直したい 物損といわれたが、体が痛い ...

2

こんなお声をいただきました。 いま受けている治療が合わないと感じている 仕事や学校の都合で通いにくい 症状が改善しなくて心配になってきた きちんと説明をされなくて不安だ 電気治療や牽引で、痛みがあまり ...

投稿日:

Copyright© 交通事故治療専門の中央鍼灸接骨院 , 2018 All Rights Reserved.