自損事故の方へ

自損事故交通事故で相手がいない自分が起こした事故、「自損事故」も発生します。

「ハンドルを間違って操作して壁にぶつけた」
「よそ見をして電柱にぶつけた」

このような事故は少なくありません。

『自分でぶつけたから治療は受けれない・・・』
思い込んでいませんか?

 

加入している保険の種類で、保険で治療を受けれる場合があります。
詳しくは、加入している保険会社さんに今すぐご確認を!

 

同乗者が怪我をした場合

『自分の責任だから同乗者に対して責任をとらないと・・』
と強く自分を責めていませんか?

原則同乗者は、ご負担ゼロ円で受診できます

知らないで

  • 痛みを我慢する
  • 治療を受けない

結果、後遺症に悩まされることにつながることもあります。
真面目な人ほど「運転手さんに悪いから〜〜」と、痛みを我慢される方が多くいます。

同乗者は、無条件で自賠責保険(負担ゼロ)で受けることができますし、運転者でも、加入保険の種類(自損事故保険)により受けれる場合があります。

 

自損事故の対応

運転手さんに怪我があるとき

患者さま
自分でぶつけて怪我をしたのですが、どうしたらいいでしょうか?

と保険会社さんに質問をしてください。

 

同乗者が怪我をされたとき

患者さま
自分でぶつけて、同乗者が怪我をしたのですが、どうしたらいいでしょうか?

と質問をしてください。

どちらもその後は、保険会社さんの指示に従ってください。
もしわかりにくい時には、一度中央鍼灸接骨院までご相談ください。

おすすめ記事

no image 1

今、事故現場で困っているあなたは、こちらをすぐにご覧ください。 事故の現場にいる時の注意点 事故直後でこのようなお悩みがありませんか? 体に痛みがある しっかりと直したい 物損といわれたが、体が痛い ...

2

こんなお声をいただきました。 いま受けている治療が合わないと感じている 仕事や学校の都合で通いにくい 症状が改善しなくて心配になってきた きちんと説明をされなくて不安だ 電気治療や牽引で、痛みがあまり ...

投稿日:

Copyright© 交通事故治療専門の中央鍼灸接骨院 , 2018 All Rights Reserved.