名古屋でむち打ちなど交通事故に遭われた治療は北区の中央鍼灸接骨院へ

頚椎捻挫の後遺症について 〜名古屋市北区の交通事故治療専門なら中央鍼灸接骨院〜

おはようございます。

院長の小澤です。

 

昨日は、すごい雨でしたね。

雨が降る前にむちうちの方は

天気予報ができると言われる方が多くいらっしゃいます。

 

 

ココから本題です。

 

頚椎捻挫の後遺症についてです。

 

まず

頚椎捻挫とむちうちの違いについてです。

 

答えは・・・「同じです」

 

 

むちうちは、病名ではなく

俗称です。

 

接骨院(整骨院では)

首の捻挫として頚椎捻挫とつけます。

 

 

そして後遺症についてですが

最も多いのが「手や腕のシビレ」です。

 

首の神経を圧迫するなどして

触ることによる「痺れ」が多いです。

 

他には

・ 頭痛

・ 吐き気

などを伴う場合があります。

 

ある程度の期間が過ぎても症状が残っている場合には

【症状固定】

といい、それ以上改善しないとなります。

 

そこから

【後遺症認定】ということになっていきます。

 

それまでにきちんと治療をして

1、回復が難しいと思われる障害
2、後遺症が医学的に証明されている事
3、交通事故と因果関係があること
4、労働能力の喪失を伴うもの

という条件を満たしてはじめて対象になり得ます。

 

ただし誰でも後遺症認定されるわけではありません。

 

きちんとした医学的見地に基づき

認定がされます。

 

 

ここでお伝えしたいのは

【きちんと治療をした】ということです。

 

もちろん患者様にもいろんなご都合があることでしょう。

 

・ お仕事

・ 家事

・ 学業 他

を理由に、きちんと通院をしていない場合には

認められにくくなるでしょう。

 

ですから、後遺症に悩まされないため

また万が一にの後遺症認定を考えると

 

【書状に合わせた通院】をしてください。

 

 

通院をしていれば

後々苦しむ確率は非常に減ります。

 

私たちは、「早期の詰めた通院」で

患者様の症状から解放されることを望んでおります。

 

交通事故に合われたら

すぐに当院にご相談ください。

 

「簡単な事故だから」

「相手に悪いし・・・」

 

などといって軽く考えないで

少しでも症状があれば、即診察を受けてくださいね。

 

皆さんが後まで悩まされないことが

私たちの願いです。

 

 

中央鍼灸接骨院

院長 小澤 誠二

PAGETOP