名古屋でむち打ちなど交通事故に遭われた治療は北区の中央鍼灸接骨院へ

交通事故治療の例 (膝痛編) 〜名古屋市北区の交通事故治療専門なら中央鍼灸接骨院〜

おはようございます。交通事故治療 膝痛  名古屋市北区 中央鍼灸接骨院

 

名古屋市北区むちうちなど交通事故治療なら

中央鍼灸接骨院。院長の小澤です。

 

今日の名古屋は雨が上がりました。

昨晩は一晩中雨だったようです。

 

 

ここから本題

交通事故治療の例の膝痛編です。

 

自動車に乗られている事故では

打撲が多いです。

 

自転車や歩行者の交通事故では

打撲や捻挫になります。

 

 

打撲の場合には

腰痛と同じように

 

1 冷やす

2 電気

 

を中心に様子を見ながら

マッサージを施術します。

 

捻挫では

 

1 冷やす

2 電気

 

プラス

テーピングを施術することが

多くあります。

 

膝の関節は、全身の体重がかかり

非常に負担が大きい関節です。

 

その関節の負担軽減と

早期回復のためにテーピングを施すことが多くなります。

 

当院のテープは

たくさんのテープから試して

皮膚の弱い代表の肌で

もっとも皮膚への負担が小さいテープを選んでいます。

 

 

膝の関節の症状には

周りの筋肉への負担がかかるので

周りの筋肉へのマッサージで

関節が治った時に全体がよくなるように

意識をしております。

 

 

ただ患者様ごとに

症状は異なるので、日々の変化を感じ取るため

交通事故治療の施術者を担当制にしております。

 

 

常に患者様の状態を把握することができます。

 

安心してお任せください。

 

交通事故治療で

悩んでおられるならば

今すぐご相談ください。

 

(0120)098−034

 

 

名古屋北区の交通事故治療専門

中央鍼灸接骨院

院長 小澤 誠二

 

 

 

 

 

 

 

PAGETOP