名古屋でむち打ちなど交通事故に遭われた治療は北区の中央鍼灸接骨院へ

交通事故治療 接骨院(整骨院)と整形外科はどっちにいくべき? 〜名古屋市北区 中央鍼灸接骨院〜

おはようございます。

院長の小澤です。

 

最近のナゴヤは、朝晩涼しくなってきました。

過ごしやすくてありがたいですね。

 

 

ラーメンが大好きな当院の副院長の茂木なんですが

ラーメン屋さん選びをする際に

いろいろ思うところがあります。

 

 

当院の近所の

ふくろうというお店。

 

 

どうしてフクロウにいったのか

聞いてみると

 

1 近所にできた

2 おいしい

3 店主さんが親切

 

で行き始めました。

 

ラーメン雑誌で紹介されたり

今では行列ができて

遠方よりわざわざ皆さんいらっしゃるようです。

 

通い始めた当初は

普通に新規のお店。

 

ラーメン屋さんと接骨院や整形外科を選ぶ基準は

単純比較はできません。

 

しかしお店選びも

案外そんなもんかもしれませんね。

 

 

 

ここから本題ですが

交通事故にあって、治療を受ける時にどこで受けたらいいのか?

 

こんな質問をいただくことがあります。

あなたも疑問に感じたことありませんか?

整理をしてお伝えしていきます。

 

それぞれの特徴

 

【整形外科】

『原則診断行為は、医師しかできない』

<国家資格> 医師免許

 

<主な治療>

・電気や牽引など物理療法を中心にリハビリがメイン

・投薬ができる

・画像診断ができる(レントゲンなど)

<その他の特徴>

・日々の治療は、医師がするわけではない

(理学療法士を中心にリハビリの専門家)

【接骨院(整骨院)】

『身近な医療類似機関』

 

<国家資格> 柔道整復師

 

<主な施術>

電気など物理療法とマッサージ

(各院ごとに施術の内容は異なります。)

当院の主な施術内容はこちら ⇒  交通事故治療について

<その他の特徴>

・比較的 遅い時間までやっている傾向

(当院は、平日夜9時まで受付)

・手技(マッサージ)を中心にしているところが多い

・患者さんとの距離が近い(話しやすい・聞きやすい)

 

接骨院(整骨院)と整形外科の特徴から考えていきましょう。

 

 

【事故の治療で必ず必要な診断書】

 

交通事故にあわれて必ず必要なものは

『診断書』になります。

 

接骨院でも出せなくはありませんが

原則、病院での診断が必要であり

診断書が必要になります。

 

ですから病院に行くことは必須といえます。

 

<まめ知識>

整形外科は、おケガの専門科です。

しかし医師免許は、歯科を除くすべての科で

同じ免許です。

ですから内科でも耳鼻科でも診断が可能です。

 

内科でリハビリ科を持っている病院もあります。

 

しかし専門性から考えて、整形外科か外科に

行くことをお勧めします。

 

 

【日々の治療は、どっちで受けるのか?】

 

答えを最初にお伝えすると

<あなたに最もあう医療機関>です。

 

最も合うの3つの定義

1 治療(施術)が合う

2 通院のしやすさ

3 心地よさ

 

と私は定義しております。

 

1の治療が合うことは大原則です。

 

治療が合うとはどんな状態なのか?

 

それは

治りそうだと思える治療です。

 

外から見ただけでは

どんな治療をしているか見当がつきませんよね。

 

人の評判やホームページから

自分に合いそうだと思う医療機関を選択してください。

 

絶対ではありませんが、ほぼ

<電話対応が悪い院は、あまりよくない>

と私の経験上感じます。

 

新しく交通事故治療で

整形外科なり、接骨院に行く時に

多くの方は、電話で連絡をされます。

 

その際の電話の対応があまりよくない院は

通院してもほぼ患者様も同様の対応をされるケースが

多い感覚がします。

(すべてでなく、傾向としてです。)

 

まず一度電話をかけて、対応を確認してください。

 

 

【通院のしやすさ】

当たり前のようなお話ですが

ここもかなり大切です。

 

通院のしやすさにも

1 場所

2 時間

3 気持ち

の3つのポイントがあります。

 

1の場所は、職場や学校・自宅の近くや

よく通る所など立地の問題。

 

2の時間は、ライフスタイルにそって

通院にムリのない受付時間

 

3の心地よさは

場所や時間があっても

何となく通院しにくい空気感があると

それだけで億劫になりがち。

 

 

場所と時間と心地よさで選択されることがお勧めです。

 

 

【3 対応】

他の部分でも触れていますが

交通事故治療の場合には特殊な部分があります。

 

加害者さんがいること

保険会社さんとのこと

期間が限られていること

 

など通常の治療と比べると

異なる部分が多いです。

 

そこを踏まえて対応をしてくれるか

を考えて通院してください。

 

 

【結論】

病院に行くのは診断書を書いてもらうために

絶対に必要です。

 

その後の治療(施術)は

施術の相性と通院のしやすさ

で選んでくださいね。

 

【一度決めて合わないと感じたら】

 

最初からいきなりすべてが合う

接骨院や病院に行きつくと限りません。

 

しかし交通事故の施術の場合には

期間が限られているので

きちんと通う必要があります。

 

どうしても合わないと感じた時には

保険会社さんの担当者に

「転院したい」とお伝えください。

 

もちろん完璧に合う院はなくとも

あまりに合わないのは通いにくいですよね。

 

 

 

どうしても今通われている医療機関で

「今の治療では治る気がしない」

「時間や場所で通院しにくい」

「なんとなく対応が・・・」

 

そんな方を

当院では、他の医療機関からの転院を

受け入れています。

 

ナゴヤ近郊で悩まれている方

今すぐご相談ください。【相談無料】

0120ー098−034

 

交通事故のおケガで悩まれている上に

医療機関にストレスを感じているとすれば

より治りが遅くなる場合があります。

 

気をつけてお過ごしください。

 

 

名古屋のむち打ちなど交通事故治療なら

中央鍼灸接骨院

院長 小澤 誠二

(0120)098−034

お問い合わせフォーム

平日9時まで受付

駐車場 8台完備

鍼灸併用

 

 

 

 

 

※ 今回の内容は、あくまで当院の認識でお伝えしております。

人により解釈が異なる場合がありますが

当院は、上記のように考えているとご認識ください。

 

 

 

PAGETOP