名古屋でむち打ちなど交通事故に遭われた治療は北区の中央鍼灸接骨院へ

交通事故の過失割合は誰が決めるの?  名古屋の交通事故治療なら中央鍼灸接骨院

 

10:0とか

8:2など交通事故が起こると交通事故 過失割合 警察

過失割合のお話が出てきます。

【過失割合って何?】

 

過失割合とは

どちらが、どれだけの損害賠償の責任を持つか?

という割合のことです。

  

例えば

 

100:0であれば

 

前者が100%の過失(責任)

後者が0%の過失

ということに。

 

70:30であれば

前者に70%の責任

後者に30%の責任

ということになります。

 

 

 

 

【一体誰が決めているのでしょうか?】

 

警察?

当事者同士?

保険会社? 

 

 

答えは、

双方の保険会社が話し合いで決めています。

 

 

【警察は決めていません。】

 

民事不介入」といいまして

 

警察では

 

・ 事故の証明

・ 人身事故の刑事責任

 

になります。

 

 

損害賠償は、民事になり

警察は一切介入しません。

 

※ 事故証明は、保険を使う上で大切なものなので

事故に遭われた際には、必ず警察に連絡をして事故の証明をしてもらってください。

【保険会社がどのように、過失割合を決めるか?】

 

「適当?」

ではありません。

 

 

根拠は、過去の裁判の記録(判例)に基づきます。

 

警察の事故証明を参考にして

 

同じような事故の際に

「どのような過失割合が適応されたか」をみます。

 

 

ただ全く同じ事故はないし

過失割合もばらつきがあります。

 

そこで双方の保険会社の話し合いになり

決定されます。

 

 

【結論】

 

交通事故の過失割合は

保険会社の話し合いによって決まります。

 

 

今回のお話がわかりにくい時や

ご質問などありましたらご相談ください。

 

 

その他交通事故でのお怪我や関連することは

なんでもご相談ください。

 

 

中央鍼灸接骨院

院長 小澤 誠二

 

名古屋市北区長喜町4−20−2

(0120)098−034

PAGETOP