名古屋でむち打ちなど交通事故に遭われた治療は北区の中央鍼灸接骨院へ

交通事故のむち打ちの治療打ち切りについて 【名古屋市北区 交通事故専門院】 

交通事故のむち打ちの治療打ち切りについて
本日は、書かせていただきます。

最近は、3ヶ月を目安に保険会社さんから
「そろそろどうですか?」
と打診されるケースが多いようです。

もちろん治るまで診て欲しいと患者様は
お考えに慣れると思います。
しかしやはり事故の程度などで、
3ヶ月前後ぐらいで打診をされます。

むち打ちを含む症状で
痛みがひどいケースでは、もう少し延長されることもあります。

ですから、まず痛みがひどい時は、
なるべくきちんと(毎日)通う必要があります。

毎日通っていれば、痛みがひどいと保険会社さんも
理解できます。

また病院との併用で、きちんと診断を受けることで
続ける妥当性が理解されます。

といいましても、いつまでも続けることはできません。

そこで、むち打ちなどの症状がまだまだあるという
方には、後遺障害という制度があります。

これは、打ち切る時点(示談)の際に
残った症状に対して保障を受けるものです。

ただ普通の被害者さんでは、ほとんど受けることが
難しいです。

ではどうするかは、次回に持ち越したいと思います。

あってはいけませんが、万が一の際は、
当院にご相談ください。

むち打ちなど交通事故の治療の専門院
             中央鍼灸接骨院

PAGETOP