名古屋でむち打ちなど交通事故に遭われた治療は北区の中央鍼灸接骨院へ

交通事故のむち打ちと合わせて起こる痛み 【名古屋市北区 交通事故専門院】

今日は、交通事故の際に合わせて痛める場所について
書いてみます。

当院の患者様で最も多いのが、肩です。
事故に遭われた際にぶつける・ひねるなどして
痛める方が多いです。

次に多いのが、腰(背中)です。
腰や背中は、身体が大きく前後に振られた際に、
首のむち打ちと共に振られたり、ぶつけたりして痛めることが
多いです。

その次は、頭の打撲です。
首のむち打ちの際に、頭も一緒に動くので、
戻る際にぶつけることが多いです。

人の身体の仕組みで、
「一番痛いところだけを痛いと感じる」
ものです。

例えば、首のむち打ちと肩をひねったと腰の捻挫が
あっても、最も痛めた首のむち打ちだけが気になって
肩と腰の症状があまり気にならなくなります。

ですから、痛い部分と痛めている部分が同じでないことが
多いです。

ですから、最初にきちんと痛い部位と痛めている部位の両方を

きちんと理解して、治療を受ける必要があります。

名古屋市 北区 交通事故むち打ち専門接骨院 中央鍼灸接骨院

PAGETOP