名古屋でむち打ちなど交通事故に遭われた治療は北区の中央鍼灸接骨院へ

むち打ちの頭痛と天気の関係 | 名古屋市北区 交通事故むち打ち治療専門接骨院

前回は、むち打ちと頭痛の関係を書きました。

 

むち打ちから頭痛の大きな特徴の一つが

 

「天気に影響が大きい」ことです。

 

普段感じる頭痛と

むち打ちから頭痛の大きな違いといえます。

 

急激な気温の変化や

晴天から雨に変わる時に

 

「頭痛がひどくなる」

ことが

むち打ちからくる頭痛の原因です。

 

特に天気が悪くなる時に

患者さんは

 

「理由がわからないのに

頭痛がひどくなる」

 

と感じられることがあります。

 

 

これには原因がありまして

 

「気圧の変化」

が大きな理由といえます。

 

天気予報の天気図で

「低気圧」や「高気圧」を

見たことがある方も多いでしょう。

 

雨が降る時には

低気圧がきます。

 

その低気圧ですが

空の上と

地上を比較しますと

 

先に地上の気圧が下がって

その後に空の気圧が下がります。

 

ちょうど斜めに気圧が変化している

イメージです。

 

だから

雨が降る前に

むち打ちからくる頭痛がひどくなる

ということが起きます。

 

 

このことを知らないと

「何もないのに頭痛がひどくなる」

とむち打ちの患者さんは感じてしまい

 

【不安になる】

 

という結果になるのです。

 

ですから

むち打ちで頭痛を伴われる場合には

 

天気が悪くなる前兆として

「頭痛がひどくなる」

と覚えておいてくださいね。

 

当院に受診していただければ

このような疑問をもたれたら

 

お伝えをきちんとさせていただきます。

 


万が一交通事故にあわれた時には

少しでも症状を感じられたら

「すぐに受診をしてください」

何もなければ、問題ありませんし

そこで、検査や触診などで

おケガをされていた場合にも

早い段階から治療をすることで

早期回復に繋がります。

むち打ちかもと感じたら

まずは当院までご相談ください。

電話 (0120)098−034

   名古屋市北区 交通事故、むち打ち治療の接骨院

中央鍼灸接骨院

院長 小澤 誠二

 

PAGETOP