名古屋でむち打ちなど交通事故に遭われた治療は北区の中央鍼灸接骨院へ

むち打ちの通院について 【名古屋市北区 交通事故専門接骨院】

最近の新しい患者さんお二人に聞かれました。

 

「むち打ちの通院は、どのようにしたらいいの?」

 

 

実際には患者さんのむち打ちの度合いにより変わってきます。

 

むち打ちが非常にひどいケースから軽微なケースまで。

ですから個別に患者さんの首やその他の症状をみて

そのタイミングでお伝えをしております。

 

 

ただ一つの目安としてお伝えをしていきます。

おおよそ当院では

むち打ちの症状を3つに分けています。

1 急性期

2 中期

3 終期

 

1の急性期では

気分が悪くなければ、なるべく毎日通院をしてください

とお伝えします。

 

最初のこの時期がむち打ち治療で大切な時期です。

ここでしっかりと治療するかしないかで

むち打ちの後遺症に大きく影響がでます。

 

2 中期

少し症状が落ち着いたが

首に重い感じが残っている状態です。

 

この時期は、少し通院間隔を空けてもいいです。

(症状により、通院間隔を広げたり狭めたりしていただきます。)

 

3 終期

終期は、多少気になる。雨降りだけ気になる。

など症状がかなり落ち着いた状態です。

 

この時期は、通院間隔を徐々に空けていただき

治療がなくても大丈夫なようにならしていきます。

 

治療終了後にも違和感を感じないためにも

急に通院をやめるのでなく

徐々に空けていただきます。

 

といいましても、人の身体のことですから

教科書通りでないこともあります。

 

急な症状の悪化

また急によくなられるケースもあります。

 

ですから患者さんのお声を聞きながら

施術者としてお身体のチェックをして

適切な通院をお伝えするようにしております。

 

 

 

 

 

 

 
愛知県名古屋市北区 西区 守山区 東区 中区 名東区

むちうち 交通事故治療  中央鍼灸接骨院

PAGETOP