名古屋でむち打ちなど交通事故に遭われた治療は北区の中央鍼灸接骨院へ

むちうち症とは

katakori_man交通事故の症状で90%近くの方が「むちうち」になられます。

追突事故された際に、頭が前後に振られる時にムチのようにしなることから
この名称がついています。

むちうちの正式な病名は、「頚椎捻挫」「頚部捻挫」「頚部損傷」といいます。

むちうちと診断された際に、骨に異常がでるケースは稀です。
病院での診察で「レントゲンに異常がない」と言われることがほとんど。

首を支える筋肉や靭帯を損傷しております。

むちうちの症状

  • 首の痛み
  • 肩の痛み
  • 手のシビレ
  • 頭痛
  • 肩こり
  • 吐き気
  • などです。

すべての症状が出る訳ではありせん。

むちうちの治療

整形外科での治療では、「牽引や電気治療」と「痛み止めなど投薬」で
改善に向かわないこともあります。

中央鍼灸接骨院でのむちうちの治療

むちうちを急性期・中期・終期と分けて考えております。
それぞれの状態にあった施術を提供します。

主な治療内容

  1. マッサージ (指圧中心)
  2. ソフトむちうち矯正 (ボキボキしません)
  3. 鍼灸治療
  4. 電気治療器 (中周波)
  5. 牽引治療器 (首・腰)

プラス 必要に応じて、温熱・冷罨を施します。

>>> 治療内容

上記の中で患者様ごとに必要な施術を選択して
手技中心のオーダーメイド施術をします。

事故にあわれた直後は、緊張状態で症状に気づかれないことがあります。
数日~1週間(場合によればそれ以上)たってから
むちうちの症状が現れる場合も。

少しでも不安を感じたら、なるべく早く病院に診察を受けてください。

わからないことがありましたらご相談ください。(相談無料)

フリーダイヤル0120098034
名古屋のむちうちなど交通事故治療なら中央鍼灸接骨院
院長 小澤 誠二

PAGETOP