名古屋でむち打ちなど交通事故に遭われた治療は北区の中央鍼灸接骨院へ

まだ治っていないのに治療が打ち切られる!?  名古屋のむち打ち治療なら中央鍼灸へ

暑い日がまだまだ続きますね。治療 打ち切り

 

おはようございます。院長の小澤です。

 

 

お盆休みはいかがでしか?

私は、帰省で足助の方に帰省していました。

標高が高いこともあり、涼しくて

お陰様でリフレッシュできました。

 

 

ぜひ皆様のお話をお聞かせください。 

 

 

ここからが本題! 

治療費の打ち切りについて

 

 

「まだ治っていない!」でも保険屋さんから

「今月一杯で」と言われました。

 

 

こんなお話を伺うことがあります。

 

 

【なぜ起こるのでしょうか?】

通常の場合の治療打ち切りでは

2種類あります。

 

1 症状が完治した

2 症状固定と認定された

 

1 症状完治した

治った状態ですね。

これは当然治療は終了となります。

2 症状固定と認定された

症状固定とは、

ある一定期間の治療して

後遺症としてこれ以上よくならない」と判断されるケースで

後遺症の度合いにより、慰謝料が支払われます。

 

 

上記以外にも打ち切りが起こる場合があります。

 

 

そんな話をすると

「保険屋さんが悪い!」という方がいるかもしれません。

 

もちろん、保険屋さんに強く説得される場合もあるかもしれませんが

受診者側にも原因がある場合があります。

 

  

1 事故の状況や被害から見た通院期間

 

保険会社さんはプロです。だいたい事故の程度を見て

平均的な通院期間を知っています。

 

この場合には、「事故との因果関係」による症状か?

と思われます。

 

例えば、仕事が激務で症状の改善が遅くなっていないか?

などを考えられるわけです。

 

  

2 通院頻度が少ない。

 

週に1回や月に1回程度を続ける患者様がいらっしゃいます。

 

これでは、残念ながら通院していると言い難いです。

 

保険会社さんからすると

「この程度の通院でいいなら必要ないんじゃないですか?」

と思われます。

 

 

3 保険会社さんへの対応のまずさ

 

被害者だから、強い言葉で罵倒したり

連絡が来ても返事をしないなど

保険会社さんへの対応がまずいと起こる場合があります。

(本当は良くないと思いますが・・・)

 

担当者さんも人です。

横柄な態度や連絡が繋がらないなどがあると

面白くはないですよね。

 

 

当院でオススメしている3つの対応法

 

1 通院をしっかりとして早期回復へ

 

症状が強い時には、ほぼ毎日通院をオススメします。

症状の軽減と共に、徐々に間隔をあけることで

早期回復を図れます。

2 病院に月に1〜2回ほど受診

  

医師の判断は重要です。

月に1〜2回ほどは、症状を記録として残すようにしてください。

3 示談の申し出があったら、即答しない

 

「保険会社さんがいうなら」と

示談の申し出に「わかりました」と返答する方がいらっしゃいます。

保険会社さんも企業ですから

早く終わっていただくことが成績になるので、早い示談を進めます。

もちろん治っているならば、即答でいいでしょう。

 

しかしまだ治っていないのならば、交渉の余地はあります。

特に3ヶ月以内の場合(大きい事故ならば6ヶ月以内)であれば

医師の判断や当院の判断も考慮される場合があります。

 

 

 

まだ治っていないのに 

治療の打ち切りを迫られたら

特に3番目を意識して「即答」を避けてください。

 

 

 

交通事故治療でお困りごと

今の医療機関が合わない

交通事故の直後で困っている

 

などなど当院にご相談ください。

 

当院で解決できることは対応させていただきます。

当院が専門外の場合には、しかるべき組織をご紹介ご案内いたします。

 

 

 

 

名古屋でムチウチなど交通事故の治療は

中央鍼灸接骨院

院長 小澤 誠二

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の記事は当院経験などにより独自の見解です。
上記により不利益等ありましても責任を負いかねます。
自己責任により参考程度にお考えください。

 

 

PAGETOP